42歳で異業種へ転職自分自身の棚卸しをやっておくべき理由とは

Pocket

42歳で不動産仲介営業に転職

成功する転職と失敗する転職とは

42歳でサービス業から不動産仲介への転職

もう40代だし、

転職は無理かな

あなたはもう40代だからと言って、

転職を諦めてはいませんか?

40代だからと言って、あなたは「転職」を諦めては

いませんか。

 

  • きっと今のままではいけない。
  • 将来が不安だ。
  • 何かスキルを身に付けたい、等など。

でも、一歩踏み出せない理由があるのです。

 

そう、年齢や周りの意見に左右されてしまうのです。

家族を抱えている人であれば、なかなか思い切った行動は

出来ないかもしれません。

 

かつては転職は35歳までが限界、

と言われておりました。

 

しかし、今は本人にスキル・経験があれば

重宝される世の中に変わってきました。

昔に、「年功序列賃金」、「終身雇用制」は

崩壊しています。

 

今の世の中は転職が当たり前になっています。

別の見方をすれば、1度も転職せず定年を迎える人は

珍しいかもしれません。

今のままで良いのか、それとも転職して自分の可能性と

未来にかけてみるのか。

決断するのはあなたです。

 

まわりの意見に左右されて、諦めて良いのですか。

最終的に後悔するのはあなたです。

 

私は42歳で、サービス業から不動産業に転職しました。

当然のごとく最初は家族からも反対されました

が、しかし最終的には家族は応援してくれました。

転職して給料が上がる人は稀です。

ヘッドハンティングでもされない限り、給料UPを望むのは

諦めた方が良いです。

 

考えてみてください、才能も経験もないあなたに

どうしてまともな給料を支払うのでしょうか。

そしてだれもが転職して成功出来る訳ではありません。

 

転職する前に、自分自身の棚卸や自己分析を

しっかりと行うべきでしょう。

それは、ちゃんとやっておいた方が良いです。

それでも、あなた自身の事はすべて分かる訳でもないのです。

あなたの中には、あなたがまだ気づいていないあなたがいます。

 

自分に合った仕事なんて最初から分かりませんよ。

新入社員で入社した会社が、自分の思っていたものと違う、

なんてことあるじゃないですか。

 

それと同じで、仕事というものは、

徐々に好きになっていくものです。

私が転職を勧める理由はここにある

私は転職はある程度、した方が良いと思っています。

かつて転職する事自体、良いイメージはありませんでした。

でも今、世の中は早いスピードで進展しています。

人間の方が、追い付いていかないのです。

 

そして、頭と心が追い付いていかず、疲弊してしまうのです。

これほど世の中が便利になったにもかかわらず。

 

過去20年間で世の中は、予想もしないスピードで

進展してきました。

 

今後はもしかしたら、過去20年間で起こったことが、

10年でさらに進化するのではないかと思うのです。

 

今のほとんどの仕事は、AIにとって代わられるはずです。

それでも、AIでは代替不可能な分野だけ、今後も

人間の仕事となります。

現在、企業の定年退職は65歳になっています。

そして今議論されているのが定年70歳。

 

これは大企業だけであって、中小・零細企業は

75歳になるはずです。

世の中が早いスピードで変化しているのに、

人間だけが変化出来ないのでは、どんどん遅れていきます。

会社の平均寿命は約23.5年と言われています。

 

この様な社会環境を考えると、40代だからと言って

諦めるのはまだ早いと言えます。

過去の定年35歳説というのは、年功序列賃金、終身雇用制で

定年60歳を前提にしているからなのです。

 

学びを続けない者は、今後生きてはいけない世の中になる

ものは考えようです。

まだ40代と思えるか、もう40代と思うかで

今後の人生は大きな結果となります。

 

学校を卒業してからの人生はもの凄く長い。

学校の成績が良かった人が、社会に出て成功するかと言うと

必ずしもそうではないんですね。

 

反対に学校の成績が良くなかった人が、社長になったり

成功している人が少なくありません。

 

自分は今45歳ですが、定年を75歳にすると、

定年まで30年。

 

もしかすると、80歳まで働いているかもしれません。

これからの人生、学ぶ事を怠ると、明るい人生は

決してやってきません。

では、何を学ぶべきなのかは、百人百様です。

必ずしも仕事に直結するものだけではなく、

趣味を極める事でも良いと思います。

成功する転職と失敗する転職の違い

転職理由は人それぞれ。

人間関係、給料が安いから、仕事が自分には合わないから等。

自分の中に確固とした転職理由がない場合は、

転職を繰り返すようになります。

 

自分が考える転職というのは、

前職の経験やスキルを活かせて、

自分のスキルアップを目指す事を考えるべきだと思っています。

世の中には、あなたの経験、スキル、知識を必要としている会社が

必ずあります。

 

大抵は転職する時は前の会社の給料よりは下がるはずです。

それは何故か。

経験や知識もないのに、十分な給料を支払うでしょうか。

十分な給料を貰えるのは、会社に利益を与える人だけです。

 

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました