リモートワークで働き方改革今まで気づかなかった事に気づきます

Pocket

リモートワーク2日目終了。
メリット、デメリットとは?

 不動産仲介のリモートワークは結構不便な事も!?

リモートワーク2日目を終えてみて、

メリット、デメリットがすでに分かり始めてきた。

メリットに関しては

  • 通勤時間が家族との時間、仕事の時間に出来る
  • 会社に出社しなくても良いので、精神的に楽
  • 交通費(ガソリン代)が抑えられる

尚、デメリットは、

  • 仕事中、家族に邪魔される
  • モチベーションの維持が難しい
  • 仕事に必要な書類がある時、会社に行かなければならない、等

結局リモートワークするにしても、

メリットとデメリットがあるという事です。

因みにこんな事も事前の確認と設定が必要です。

 

会社宛の郵便物、宅配便等はどうするのかを

事前に連絡をしておく必要があります。

何故なら、郵便受け等が入らなくなりますから。

FAXも忘れてはなりません。

FAXについては、会社に設置している複合機の会社担当者へ

事前に連絡をいれておけば、FAXが各自のPCに転送になる様に

設定してくれます。

また逆に自分のPCからも、相手先にFAXが送れます。

この様な事が出来るなんて、全く知りませんでした。

今回のリモートワークになって、

色々な発見がありました。

ただリモートワークが成り立つ仕事と、

成り立たない仕事もあります。

 

不動産仲介ではリモートワークが成り立つのか検証

不動産仲介でのリモートワークが

果たして成り立つのか検証してみたいと思います。

リモートワーク2日目にして、すでに分かった事ですが、

完全にリモートワークで成り立つかというと、

難しいです。

具体的には、お客様を物件に案内するには、

現地にて案内が必要になってきます。

今回のような、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するには

先に現地に行き鍵を開け、終わったら鍵をかけるという

作業が必要になります。

また、それ以外にも、入居者様からの問い合わせにも

対応しなければなりません。

例えば、

  • 水が出なくなった
  • 電気がつかなくなった
  • 給湯器が作動しない
  • テレビの映りが悪い
  • 水漏れがしている

などなど。

そしてオーナーさんに報告して、業者さんの手配と

自宅でのリモートワークでは対応は出来ません。

これらは、リモートワークを始める前までは

正直どのような事態が起こり、その対応策は

実際に始めてみないと分からない部分はあります。

試行錯誤しながら、皆で改善していくしかありません。

今回のリモートワークは、1か月の限定ですが、

良い面と悪い面は必ず出てくるはずです。

 

リモートワークは働き方改革を見直す契機となるか

今後は日本でも、リモートワークは増えていくでしょう。

以前より「働き方改革」と言われておりますが、

リモートワークが普及する事により、真の改革と言えるはずです。

 

世界で最もテレワークが普及している国はどこかというと

アメリカとの事です。

数字でみると、企業のテレワーク導入率は85%と

世界の中でも最も高く、テレワーク人口は全就業者の

およそ20%にも上るとの事。

リモートワーク部(remote-work.jp )より一部抜粋

今後は、日本でもテレワークが

増えてくるはず。

テレワークが最も普及しているのが

アメリカとのことみたいね。

今後はリモートワークが日本でも普及するようになって、

働き方改革のきっかけになれば良いと思います。

 

必ずしも毎日会社に出社する必要は

あるのかないのか?

 

際たるものが会議ですよね。

 

ネットが普及しているのに、同じ時間、

同じ空間に人が集まる必要はあるのか。

 

これまでの常識を疑ってみる必要もあります。

テレワークに限らず、世の中には無駄なものが

結構多いのではないでしょうか。

 

これまでのやり方を変えてみる、不要な物を捨ててみる。

常識を疑ってみる。

「それ本当に必要か?」

「それあなたがしなくてはダメなの?」

 

世の中が早いスピードで変化しているのに、

変われないのは人間だけかもしれません。

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました