新型コロナウイルスに負けるな 逆転の発想で危機を乗り越える方法とは

Pocket

567円(コロナ)で飲み放題?逆転の発想で危機を乗り越える方法

おはようございます。

3連休の最終日は、ぱっとしない天候となってしまいました。
一昨日と昨日は強風でどこにも出掛けられず。
相変わらず、「新型コロナウイルス」と「東京オリンピック開催について」
のニュースが毎日。

先程、テレビを見ていたら、面白い飲食店さんの紹介を
していたのです。

567円(コロナ)で飲み放題コース

それでお客さん受けしているのです。
これは、すごく面白いと思ったのです。
まさしく、逆転の発想

お客様が来ない、来ないと何も手をうたず、
受け身のままでは、現状を打破する事は到底不可能。

ホテル業界、飲食業界、娯楽施設、小売業界、
運輸業界、は軒並み経済活動が停滞している状態です。
本当に、企業の死活問題だなと。

それでも、まだまだ打つ手はあるのではないかと思うのです。
先の飲食店の場合もそうですが、その他ある会社では、
従業員にお金を一律10万円を、配っている会社さえありました。

その会社の社長さん曰く、今の世の中経済が停滞しているので、
お金を使って、経済活動をし欲しいという、趣旨みたいでした。

何か打つ手はないだろうか?

久しぶりに家族で外食したいけど・・・。

先程の、飲食店の場合は567円で飲み放題でしたが、
考え方によっては、まだまだ対策はあるのではないかと思うのです。

人間心理として、人混みは避けたいという事も
あるでしょう。

ビジネスチャンスのヒントを見つけるには

567円で飲み放題だったら、ぜひ行ってみたいと思うし、
逆転の発想で、この危機を先程の飲食店は乗り越えられる
のでは、と思います。

ただ気をつけなけれならないことは、
不謹慎と捉えられないことですね。

いつ終息するかわからない「新型コロナウイルス」
その為の対策を講じる企業とただ待ちの企業。
結果は大きく違ってくると思います。

ビジネスチャンスはいたるところに、転がっています。
それに気づくか、気づかないか。
特別、難しい事をしている訳ではないことが分かります。

やるかやらないか。
ただそれだけ。

ビジネスチャンスを見つけるには、
日頃からのアンテナを張り巡らすこと。
常に、新聞、雑誌、ネットなどから情報収集。

ビジネスチャンスは、

あらゆところに転がっているよ。

しかし、情報過多で玉石混交な今の世の中、
デマ情報を発信する人もいます。

情報洪水に流されず、鵜呑みしないことですね。
その為には、日頃から本を読み、知識を得る事が大事です。

そうする事によって、判断する基準が出来上がります。

その際たるものが、今回の新型コロナウイルスによる
トイレットペーパー、ティッシュボックスが品切れに
なるというデマ情報の為に、買い占めの為行列が出来ました。

マスクとは違い、その後十分日本国内には在庫があり、
供給が可能である事がわかりました。
この事が意味するものは、何か?

それは、知識不足によるものです。

 

人間はなんと愚かなものなんでしょうか。
自分も含めて。

はじめての経験だからと言わず、あらゆる知識を総動員してみる

今回の新型コロナウイルスにたいする、
有効な薬というものが無い今、
ただ安静にするほかはないのでしょうか。

これまでも、人類は様々な病と闘ってきました。
どこかの国の方が、これは「戦争」だと言ってました。

見えない敵と戦う恐怖ほど
恐ろしいものはありません。

はじめての経験だからと言って
諦めてはいけませんよね。

自分の仕事だって、同じ事。
やったことがないから出来ない、自信がないでは、
進歩はないのです。

いろいろな可能性を試してみること。
仕事での経験済みのことを、応用出来ないかと
試してみる。

失敗、失敗、失敗の先に成功があるのであって、
成功するまで続ける事が、必須条件ではないかと思うのです。

仕事で失敗ばかり、

だけどこれも上手くいくための必須条件。

諦めたらそこで終わりです。
店頭にマスクが無いとわかれば、マスクを
作る人もでてきましたよね。

ようするにやれば出来るのですね。
ただ、これまではやらなかっただけ。

人間は大きな代償を払わないと、気づかない時だって
これまでもありました。

その時に、当たり前だと思っていた事が、
実はそtxうではなかったと気付くのです。

まとめ

デマ情報に流されないようにしよう。その為には、基準となる知識をつけておく事。今回は何故、マスクやティッシュボックスを求めて、店頭に並んだのでしょうか。人が並んでいるから、自分も並ぼう、そういう方が大半ではないでしょうか。自分も含めて。

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました